スマホの動画を大画面で見たい!TVでVOD動画を視聴する方法

MENU

スマホ動画をTV画面で視聴する方法

通勤時間にスマホを利用して、VODで配信している海外ドラマをチェックしている方多いのではないでしょうか。

 

時間を有効活用できますね。英語学習などにも良い方法です。また寝る前にゴロゴロしながらスマホで動画を見るのも楽しいものです。

 

とはいっても、家族が全員そろったから大画面で見たい、映画の迫力を楽しみたいからVOD動画をTVに映したいこともありますよね。

 

どうすればVODをTVで視聴することができるのでしょうか。

 

動画の種類によってはやっぱり大画面!

アクション映画、自然の風景など絶対大画面のほうがよい動画があります。スマホの画面ではやはり物足りないときには、TVに映したいですよね。また家族や友達が複数集まったら、やっぱり大きな画面のほうが楽しめます。

 

各VOD配信サービス業者が対応しているTVが自宅にあればよいのですが、そうではないこともあるでしょう。そんなときには、ツールを使って大画面に映しだすことができます。

便利でコンパクト!Fire TV Stick

VOD動画サービスを利用している方なら、ぜひ一つは持っておきたいのがFire TV Stickといっても過言ではありません。複雑な設定なしで、テレビのHDMI端子に挿すだけで、VOD動画を大画面に映し出せます。

 

Amazonで購入時に利用したアカウントに登録済みの状態で、Fire TV Stickは届きます。そのため、複雑な設定なしでインターネットに接続すればすぐに見られるようになりますよ。

 

Amazonビデオだけではなく、Hulu、dTVなどにも対応しています。

 

膨大なコンテンツの中から音声による検索で、見たい動画をすぐに探し出せるのもうれしい点でしょう。

 

Chromecastもおすすめ

利用方法はFire TV Stickと同様に、テレビのHDMI端子に接続して視聴します。アプリをダウンロードする必要があります。スマホの動画を簡単に大画面で見られる方法としては、確かにChromecastはとても便利です。

 

ただし、第二世代のChromecastはFire TV Stickとさほど価格は変わらないものの、最新のUltraでは9000円程度の価格ですから少し高めです。初期費用が気になる方もいるでしょう。対応しているのはHulu、dTV、U-NEXTのVODサービスとなります。

 

AirPlayもあり

AirPlayはiOSに対応した機器の画面をAppleTV(第2世代以降)などに映し出せるものです。たとえば、iPhoneとAppleTVをワイヤレス接続によって、動画を伝送することができます。もともとは音楽データのストリーミング再生に対応していたAirTunesを刷新したものです。

 

ストリーミング再生だけでなく、ミラーリングとデュアルスクリーンもサポートしています。ストリーミング以外は必ず対応機器が必要ですから、appleユーザーの方が利用対象者と考えたほうがよいでしょう。

 

専用端末なら操作は簡単

VODの専用端末であるTVを使ってしまえば、操作もとっても簡単で設定もスムーズです。(U-NEXT TVなど)簡単に見られるなどのメリットも多いのですが、気になる点はVODの乗り換えや変更時に専用端末の利用ができなくなってしまうことでしょう。

 

また最初に端末を購入する際に費用が高めなのも気にかかります。VODサービスはもう決まっている、お気に入りのVODがある方が利用するなら気にならない点かもしれません。

 

ケーブルでつなぐ

もっとも簡単な方法が、ケーブルを使うものかもしれません。

 

まずTVとスマホの出力方式を確認します。テレビがHDMIで、スマホもHDMIなら、HDMI端子同士を接続するケーブルが必要です。

 

テレビがHDMIでスマホがMHLなら、microUSB(スマホ)に接続できるHDMI変換コネクターと、テレビとコネクターをつなぐHDMIケーブルが必要になります。テレビもMHL接続の場合(対応しているものは少ない)は、MHLケーブルのみでOKです。

 

有線接続なので、安定した動画が楽しめます。ただし、スマホの充電の減りは大変早いので、充電方法も考えて動画を見る必要があります。

 

ゲーム機を使う

 

Playstationなどのゲーム機に対応しているVODなら、それを利用するという手もありますね。快適に操作できるものも多く、意外とVOD視聴におすすめのツールです。ゲーム機はTVにつなぎっぱなしという方も多いのではないでしょうか。

 

「大画面で見たいな~。」と思ったときに、気軽に利用できます。

 

まとめ

まとめ

VODをTVの大画面で見る方法はたくさんあるものの、初期コストなどが気になります。Fire TV Stickのように割と安価でコンパクトなものも登場してきています。

 

ただどのVODもどんな外部端末にでも対応しているわけではありません。自分が利用しているVODと、対応しているツールの関連は確認が必要です。